• ホーム
  • 持病によってED治療薬を服用出来ない人もいます

持病によってED治療薬を服用出来ない人もいます

ED治療薬は文字通り、服用するだけでEDを解消出来る薬です。EDに悩む男性にとって活用したい薬ですが、場合によっては服用出来ない人もいるので注意する必要があります。
例えば、高血圧・低血圧という場合は服用する事が出来ません。
ED治療薬は血管を拡張させる作用があります。
高血圧や低血圧の持病がある方が服用してしまうと、血圧に作用して体に害を及ぶ危険性があります。
ですので、大血圧が170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上と高血圧の方、そして最大血圧が90mmHg以下と低血圧の方にはED治療薬の処方出来ません。
また、肝機能障害の持病があるケースも、ED治療薬での治療は禁止です。肝機能障害でも特に症状が重い方は服用出来ません。
肝機能障害の治療をしていてED治療薬を試してみたいと考えている方は、必ず医師に相談して服用出来る状態かどうか相談するようにしましょう。
持病があるという場合、内服薬などで治療を行っているケースがほとんどです。
ED治療薬には併用禁忌薬があります。併用禁忌薬を服用している方は、絶対にED治療薬を服用してはいけません。
狭心症などの治療に用いられる硝酸剤も、ED治療薬の併用禁忌薬として有名です。
他にも一緒に服用してはいけない薬があるので、日頃から薬で治療を行っている方もまずは医師に相談する事をおすすめします。
ED治療薬は今現在、持病が無くても以前に既往歴があった場合でも服用出来ないケースがあります。
以前、脳梗塞や心筋梗塞を発症した事があるという場合は、服用出来ない可能性が高いです。
直近3ヶ月に心筋梗塞の既往歴がある・直近6ヶ月に脳梗塞または脳出血の既往歴があるという場合、ED治療薬は処方されません。
今は体調も整っているという方も、以前病気をした事があったら医師に服用しても問題ないか、相談するようにしましょう。
このように、ED治療薬は持病によって服用出来ない事も考えられます。
男性であれば誰でも服用出来る訳ではないという事は覚えておいた方が良いでしょう。

ED治療薬を服用出来ない人はどのようにED改善をする?

持病などによってED治療薬を服用出来ないという場合、薬に頼らずEDを改善する方法を模索してみるのも良いでしょう。
ちょっとした工夫や努力を行う事によって、ED治療薬を服用しなくてもEDを改善出来る可能性があります。
まず、血液の流れを良くするような工夫を行うのがおすすめです。
全身の血行が良くなれば海綿体にしっかり血液が流れ込み、勃起力をサポートしてくれます。
ウォーキングやジョギングといった運動を生活の中に取り入れると、全身の血行促進に繋がり結果EDを解消出来るかもしれません。
仕事が忙しく運動する時間がなかなか取れないという方でも、出来るだけ階段を使うなどの工夫を行うと手軽に運動による血流改善作用を得られるのでおすすめです。
また、運動だけでなく食事によっても、血行を改善する事が出来ます。青魚など血液をサラサラにする食べ物を積極的に取り入れてみましょう。
逆に脂っこい食事や高カロリーな食事は動脈硬化を引き起こし、血行の妨げになるのでED改善のためには避けたい食事です。
男性ホルモンの「テストステロン」の減少を防ぐという事も、ED改善に効果的と言われています。
亜鉛不足に陥るとテストステロンが減少してしまうので、食事やサプリメントで補うようにしましょう。
アーモンドや牡蠣といった食品に亜鉛は多く含まれています。
男性の中には毎日のように喫煙を行う方もいるようですが、タバコもEDを引き起こす1つの要因です。
ED治療薬に頼らず改善したい場合は、出来るだけ禁煙した方が良いでしょう。アルコールは適量であれば問題ありません。
ですが、過度に飲み過ぎてしまうと正常な勃起のメカニズムが阻害され、EDを引き起こす危険性があります。アルコールは適量にとどめて楽しむ事が大切です。

関連記事